東京都内なのに片道24時間!?女子の一人旅で人気沸騰の父島

今女子の一人旅で人気の東京都小笠原村。交通手段は6日に1回しか出ない船のみ!しかも片道24時間もかかる行くまでがものすごく大変な島です。そんな、ちょっと面倒な島が今女子の中で大ブームって知っていましたか?一度行ったらその魅力に取りつかれて移住して、そこで素敵な旦那様を見つけちゃう女子もいるほどの魅力的な島です。今回はそんな父島の魅力をたっぷりご紹介します!

スポンサードリンク

東京から船で南に1000キロにあるのが2011年に世界自然遺産に登録された父島です。 香川県と同じぐらいの大きさの島には約2000人の人が生活をしています。
父島への唯一の交通手段の船は6日に1本のみのおがさわら丸が運航されています

東洋のガラパゴス!豊富な生き物とのウキウキな出会い

息を呑むほど美しく、独自の生態系を有する父島では都会の暮らしの中では出会えないような多くの生物に会うことができます。雄大な岩々と豊かな原生林からなる島を囲む真っ青な海は吸い込まれそうなほどに美しいボニーブルーの海では、特に多くの魚と出会うことができます。

境浦海岸はシュノーケリングの人気スポットです。海岸からも見える位置に厳かにたたずむのは太平洋戦争で沈没した貨物船。

今では魚の住処となり、少し潜っただけでも色彩鮮やかな様々な魚と会うことができます。

美しい珊瑚を堪能でいるキャベツビーチは、東京都の海とは信じがたいほどの生き物の宝庫!様々な魚達が出迎えてくれるだけではなく、マンタやイルカ、ウミガメの赤ちゃんなどまるで自分が魚になったような自然と一体化でいる感覚を味わえます。

スポンサードリンク

まるで南国のリゾート地!外国人も殺到する魅惑の島

東京から片道24時間もかかるにも関わらず、島にはイングランドやフランスなど海外から来た観光客でにぎわっています。街並みもガジュマルや熱帯の植物が見られるリゾート地のいで立ちで海外に来たような雰囲気を味わえます。
地元の人の家々も、手作りのナチュラルテイストで南国風な素敵な家々が立ち並びます。

物資は6日間に1度しか来ないため、新聞は1週間分がセット売りだったり、放送協会に加入しなければ全部の民放が見れなかったり都会の暮らしに慣れているとちょっと不便かなと思ってしまうことはありますが、リゾートバイトや観光で立ち寄った女性はこのゆったりとした、島時間に魅了され移住してしまう人も多いほどの魅力を持っている島なのです。

癒しの夕日。頑張った私への最高のご褒美

雄大な自然や、美しい海。父島には魅力的な景色がいたるところで見ることができます。その中でも、島民からも絶大な人気を誇るのがウェザーステーションから見ることができる夕日です。青い空をだんだんとオレンジの光が染めていくその様は、疲れた心をそっと温めてくれるまさに癒しの風景です。旅の締めにはぴったりの景色ですね。

父島での宿をお探しならホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です