美容・健康

知って得する♪働く女子の味方スムージーは冬はどうやって飲むの??

スムージーってダイエットにも健康にも美容にもとっても良い飲み物ですよね♪朝食欲がないときにもすごく飲みやすいし、冷たいからスッキリ目が冷めて仕事にもスッキリした頭で望めます。

でもどんどん寒くなってくるとそんな冷たいスムージーを飲むのがすこし億劫になって来てしまいませんか?

お腹が弱い人にとっては朝の冷たいスムージーなんて絶対無理だし、冷えって女性にとって大敵だから朝から身体を冷やしてブルブル通勤なんて嫌ですよね。

今回はそんな悩める女子の為にスムージーの冬に飲み方とレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

夏やさいと冬野菜を見分けよう!

スムージーに使う野菜といえば、葉物が一般的とされています。でも、実はこの葉やさい身体を冷やす作用のある「夏やさい」なんです。

春や夏のように気温がぐんぐん上がってきて身体の中の体温を冷やしたい時にはこの夏やさいをつかったスムージーが良いですが、冬にこの夏やさいをとってしまうと身体を中から冷やしてしまい「内臓冷え」になってしまいます。

「内臓冷え」って?

「内臓冷え」というのは、身体の中から冷えてしまう「深刻な冷え」です。この冷えは痩せにくい身体をつくってしまったり、夏とは違い汗もかきにくいし吸収も良く太りやすい時期の冬に糖質たっぷりな果物をたくさんとるのはよくありません。

冬のポイントを抑えればスムージーは楽しめる!

では冬に飲むべきスムージーとはどのようなものでしょう?

★冬野菜を使う

身体を冷やす夏野菜があるように、身体を温める冬野菜というものがあります。葉やさいとは別に根野菜とよばれるごぼうや人参、葉茎野菜の白菜やネギがあります。特に生姜は身体を温める野菜の代表です。

★温めて飲む

スムージーは冷たいのが一般的と思われがちですが、ほっとスムージーというものもあります。特に冬に冷たいままスムージーをのんでしまうと身体を冷やし痩せづらい身体をつくってしまうので、野菜を茹でてからスムージーにする方法がスムージー大好き女子の中では主流になってきています。

スポンサードリンク

美味しい嬉しい冬のスムージーレシピ

レモンと生姜のスムージー

レモン果汁 小さじ2〜
ショウガお好み
豆乳180ml
はちみつお好みで

りんごと生姜のスムージー

人参1/2本
りんご1/4個
生姜スライス1枚
米麹甘酒大さじ3
お湯適量

野菜やショウガは煮詰めたりふかしたりしてからミキサーにかけると良いですよ。豆乳や牛乳を入れる際にも電子レンジなどでチンしてほっとスムージーにしてからミキサーにかけましょう。

でも毎日スムージーつくるのってちょっと大変

スムージーは健康にも美肌にもダイエットにも良いって知ってるけど、やっぱり毎日作るのは面倒だし時間がかかるもの。継続は力なりというように、気が向いたときにだけ飲むのではあまり意味がありません。そんな忙しい女子におすすめなのがあしたるんるんの冬のホットスムージー

水やお湯・豆乳・牛乳などをそそぐだけでスムージーができちゃいます♪しかも小分けにしてあるから会社にも持って行けてとっても便利☆

あなたも簡単スムージー冬のホットスムージー
で、健康スリムな美肌美人になっちゃいましょう♪


スポンサードリンク