痛くて耐えられない!足の巻き爪の原因・予防法と自力で直す方法

仕事やおしゃれに必須の足がほっそり綺麗に見えるピンヒール。女性にとってはなくてはならない物ですよね。でも実は味方だと思っていたピンヒールやパンプスが、あの痛ーい巻き爪の原因になっていたって知っていましたか?
痛くて痛くて、取り返しがつかなくなる前に巻き爪の原因と予防法をしっかり予習しておきましょう♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

足の巻き爪の原因

巻き爪の原因は様々ありますが、女性に多いのがサイズの合わない小さな靴をはいている事と爪の間違った切り方によるものです。
特にパンプスを履くと前に重心がかかり、スニーカーなどを履くより親指に力が入り爪が食い込みやすくなってしまいます。そして、この親指に食い込んでしまい痛くなった事が原因で爪の両端だけ切ってしまう女子が多いのです。

巻き爪を放っておくと最悪切断!?

サイズの合わない靴を履く→爪が親指に食い込んで痛くなる→爪を切る→サイズの合わない靴を履く→爪が親指に食い込んで痛くなる→爪を切るを繰り返しているとだんだんと巻き爪になってきます。
そうしてどんどん丸まった爪はさらに親指に食い込み、指の肉を傷つけ出血を伴った傷口を作ります。ここにばい菌が入ってしまうと肉芽という肉の塊のような赤い豆ができてしまいます。これは膿がたまってしまっている状態です。ここまで来てしまうと直すのがとっても痛いです。実際に筆者も肉芽になった事があるのですが、治るまでヒールどころが通気性の悪い靴や、ばい菌が入りやすくなってしまう靴下・タイツなども履けなくなってしまいとても困りました。それどころが、治療はクエン酸を使ってばい菌を取り出して行くのですが、これがものすごく痛い!やっとの思いで直して「もう絶対こんな失敗はおこさない!」と強く心に決めました。
この肉芽をそのまま放っておくと、ばい菌がさらに奥まで入って行ってしまい最悪切断する事になってしまうのです。

巻き爪の予報方法

では、痛くて怖い巻き爪を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。仕事がある人はヒールをはかないなんて事は難しいですよね。オフィスワークの方は社内にいるときは出来るだけうち履きなやスリッパなど足の指に負担のかからない履物に履き替えればいいのですが、一日中履きっぱなしでいなければいけない女子も多数います。そんな方の為に、巻き爪の予防法をご紹介いたします。

適度な運動

以外かもしれませんが、運動不足も巻き爪の原因になります。爪は頬っておくと自然に内側に巻く習性があるのです。歩行困難な高齢者に巻き爪が多いのはこのことが原因ともいわれています。このように、日常生活の中で歩くことが少ない女子は、爪が自然に巻いてきてしまうのです。これを避ける為には適度な運動をして上からの圧力を与え爪が巻かれるのを防ぐ必要があります。

爪はまっすぐ切る

よくネイルサロンなどで、美しく爪を見せる為に丸く切ってくれる事ありますよね。これ、実は巻き爪の原因なのです。もちろんサロンのスタッフさんのようなプロがやるならいいのですが、私たちのような素人が見様見真似で丸く爪を切ってしまうと巻き爪の原因になってしまいます。
爪を切る時は、直線にまっすぐ切る事を心がけましょう。

それでも巻き爪になってしまった時の自力での治療法

コットンを詰める

緊急処置としては、食い込んでしまった部分にコットンを詰めるという方法があります。ですがこれは仕事中に耐えられなくなってしまったりといった様な一時的な緊急処置でしかありません。

治療道具に頼る

一度なってしまった巻き爪は市販の治療度具に頼れば意外と治る物です。あまりにひどい巻き爪はお医者さんにしっかるかからなくてはなりませんが、軽めの巻き爪であれば市販の治療度具に頼り自分で直したほうがお得です。
自分でできる本格的巻き爪矯正キット【巻き爪ブロック】

巻き爪は自宅で治す【巻き爪ロボ】

など、手軽に買える物もありますので1人で悩んで苦しむ前に一度試してみましょう!

ヒールが大好きな私も長い間巻き爪に悩まされていました。
ですが、しっかり治療して予防をすることで今では大好きなヒールを毎日楽しめるように回復しました!
女性にとっては必要不可欠なヒールを健康的に美しく履きこなす為に、足の指のケアもしっかり行っていきましょうね♪

スポンサードリンク