ムーンパワーをちゃっかりゲット♪お月見(中秋の名月)で願い事をかなえちゃおう♪

秋といえばお月見!子供の頃、十五夜の夜にはススキを原っぱでつんできて、月見団子を食べながら幻想的なお月見をした記憶がありませんか?そんなお月見には、実はとってもスピリチュアルで大きなパワーがあるんです♪満月の日に、お財布をフリフリするとお金がたまるとか、新月の日に願い事をするとするすると叶っちゃうとか、今年のお月見ではそんなムーンパワーをフル活用しちゃいませんか?

スポンサードリンク

お月見の由来って?

十五夜にお餅をお供えして、月を見ながら家族団らんを楽しむ。お月見の知識ってそんなものですよね。お月見をする十五夜は中秋の名月と呼ばれ、新月と呼ばれる月が出ないときから満月になるまでの約15日間を十五夜と呼びます。15日間だから十五夜なんですね。特に9月から10月の秋の始まりは空気が澄んでいて、空が美しく月がよく見えます。この時期に見える満月を十五夜・中秋の名月と呼ぶのです。実はこのお月見、平安時代ずーっと日本人が受けちできたとっても縁起の良いイベントなんですよ♪

スポンサードリンク

十五夜はいつなの

十五夜は旧暦8月15日を指します。新暦と旧暦はずれているので、現代では毎年十五夜の日付は変わってくるのです。
例えば、
2016年  9月15日
2017年 10月4日
2018年 9月24日
2019年 9月13日
2020年 10月1日
2021年 9月21日
2022年 9月10日
2023年 9月29日
2024年 9月17日
2025年 10月6日
2026年 9月25日
2027年 9月15日
2028年 10月3日
2029年 9月22日
2030年 9月12日
と、見事にずれていますね!

お月見パワーでちゃっかり願いを叶えちゃおう♪

これは開運の先生に教えていただいた方法なのですが、とっても簡単なのでぜひ試してみてください♪平安時代から受け継がれてきている方法で、特に中秋の名月の時願いが叶う方法です!
各年のお月見の日に池に映った満月を見ましょう。十五夜のときの満月はとてもパワーが強いので直接見ないようにして、願いを言いましょうね。池や湖が近くにない!って方は、洗面用のバケツなど水を張れるものに月を映してもOK!自分の叶えたい願いを水面に映った満月にぶつけましょう!

ちなみに丸い月見団子には金運アップのパワーがありますから、お願い事がお金関係の方なら月見団子はマストアイテムです!また、長い物には縁があるといわれていますので背の高いススキやお花を一緒に置けばお金と縁が結べるかもしれませんよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です