そのエラーが命取り!?うっかりミスをなくす・ 防ぐ4つの方法

0243f0458dc4ddd05c252b15f829f6a7_m 仕事

仕事のケアレスミス・うっかりミスって気をつけているつもりでも気づかぬうちに起こしてしまいますよね。
そのミスが笑って指摘されるぐらいのうっかりミスだったらまだしも、社運に関わるようなミスをしてしまうと命取りになりかねません。小さなミスで【もちりも積もれば山となる】と言うように何回も同じうっかりミスをしていると自分自身の評価を落とす原因となってしまいます。

今回は、そんなうっかりミス・ケアレスミスをなくす・防ぐ4つの方法のご紹介です♪

スポンサードリンク

うっかりミスを起こしてしまう原因は?

人間は誰しもミスを犯してしまうものです。ミスをゼロをすることは不可能ですが、減らす事はできます。
ではそんなミスは何が原因で起こってしまうのでしょう?

疲れ

どんなに優秀な人でも、疲れているとパフォーマンスは落ちてしまいます。頑張る事はとっても素晴らしい事ですが、頑張りすぎてうっかりミス・ケアレスミスを連発してしまってはせっかくの頑張りも台無しになってしまいます。

仕事の目的がしっかり理解できていない

今自分のやっている事はなんのためにしているのか、もし自分がこの仕事を人に頼むのならどんなところに気をつけてほしいだろう?と考えてみましょう。そうすることで絶対に間違えてはいけない所、気をつける事をが見えてきてみすを防ぐ事につながります。

時間と心に余裕がない

「急がば回れ」と言うように、急いでいる時こそしっかりとチェックをしましょう。急かされて仕事をこなした結果根本的に間違っていてやり直しなんて事になったら急いだ意味がありません。また、ミスをしたらまた怒られて今度こそクビになってしまうかもしれないなど勝手に強迫観念に取らわれて緊張しすぎると逆効果になってしまいます。

思い込み・気の回しすぎ

その仕事の内容に勝手に思い込んでしまい、頼んだ人の意図と全く違った事をしてしまうというミスもあります。
また、相手に確認を取らずに気を聞かせて自分の意見を反映させる事も「ありがた迷惑」となってしまう事もあるので気をつけましょう。

スポンサードリンク

うっかりミスはなくせる!うっかりミスを防ぐ4つの方法

①適度な休憩

疲れてイたり、集中力が途切れるとうっかりミスは増えてしまいます。疲れたな・ちょっとうとうとしてきたな。と思ったら多少きりが悪くても立ち上がったり、アロマを嗅ぐなどしてリフレッシュすることでうっかりミスを防ぎましょう。

②コミュニケーションの徹底

「これお願い!」「わかりました。」で仕事を請け負うのではなく、仕事内容をしっかり把握してわからない所・疑問点を最初に洗い出してから作業にとりかかりましょう。わからない所がなかったとしても、「これはこういうことでいいですか?」と自分の考えと依頼者の考えに相違がないか確認しましょう。

③褒めてもらおうはにのつぎ

自分をかっこ良く見せようとしたり、気が利くと褒めてもらおうとせず謙虚に取り組みましょう。気が大きくなっている時ほど人はミスを犯してしまうものです。

④最悪の自体を想定する

うっかりミスを犯してしまう大きな理由の一つに「多分大丈夫」と思っている事が関係しています。もし自分がココでミスを犯してしまうとどうなるのだろう?と考え適度な緊張感をもって仕事をすることが大切です。
いかがでしたら?人間だれでもうっかりミスは起こしてしまうものです。ですがちょっとした工夫と意識のしかたでなくしたり防いだりすることはできます。

自分のスキルアップ・評価アップのためにもうっかりミスをなくして仕事のできるピカピカ女子になっちゃいましょう♪
↓疲れによるうっかりミスを防ぐ、リフレッシュ時間にぴったりのアロマ♪おすすめです!↓
昼用/夜用ブレンドアロマ



スポンサードリンク