父の日の由来や子どもへの簡単伝え方は?バラを贈るのはなぜ?

460f3b38b649aee541fc57aea1946a25_s

来月に控えた父の日―
日本では毎年6月の第三日曜日が父の日に制定されていますが、みなさんは父の日の由来など詳しくご存知ですか?

今回は、父の日の由来や子どもへの簡単な伝え方、なぜバラを贈るのかについてまとめてみました!

スポンサードリンク

父の日の由来は?

「父の日」誕生のきっかけは、アメリカ・ワシントン州で「ソノラ・スマート・ドッド」という女性が1909年に『父のための祝日』を設けるよう教会の牧師に願い出たことです。

ソノラは、働きながら男手ひとつで自分を含めた6人兄弟を成人するまで立派に育ててくれた父を敬愛していました。
当時すでに「母の日」が存在していたため、母のための祝日があるならば父のための祝日もあるべきだと牧師に嘆願したのです。

父の日はなかなか広まりませんでしたが、1916年に当時のアメリカ大統領ウッドロー・ウィルソンの演説がきっかけとなり、周囲に認知され始めていきます。
1966年になると、当時のアメリカ大統領リンドン・ジョンソンによって「父の日」を称賛する大統領告示が発せられ、6月の第3日曜日を父の日とすることが定められました。
そして1972年、父の日は国の記念日として正式に制定されたのです。

ちなみに、日本に父の日が伝わったのは1950年頃と言われていますが、広く認知されたのは1980年頃にデパートがイベント化し盛り上げたことがきっかけのようです。

スポンサードリンク

父の日の由来、子どもへの簡単伝え方は?

父の日の由来を子どもへ伝える場合には、『昔アメリカで、大好きだったお父さんを亡くした女の人が、お父さんが生きているうちに“ありがとう”や“大好き”を伝えられるように「お父さんのための日」を作ったんだよ。』といった感じで、簡単に伝えるのが良いでしょう。

また、小さいな子どもに「父の日って何?」と聞かれた時には、「お父さんにありがとうを伝える日だよ」と簡潔に伝えるのが分かりやすくて良いですね!

父の日にバラを贈るのはなぜ?

父の日にバラを贈るようになったのは、父の日の発案者であるソノラ・スマート・ドッドが、父の日に亡くなった父の墓前に白いバラを供えていたからと言われています。

このことから派生して、父親が生きているうちには「赤いバラ」を、亡くなってからは「白いバラ」を贈る風習が定着していきました。

現在日本においては、幸福を示す黄色のバラを贈ることが一般的です。
しかし母の日のカーネーション程は浸透しておらず、バラに限らず黄色の花や好みの花が贈られることも多いようです。

さいごに

「父の日」が、父への敬愛や感謝を伝える日として、多くの人々の賛同を得て制定されたと思うと、とても素敵ですね。

日頃改まって感謝の気持ちを伝えるのはなかなか難しいと思いますが、年に一度のこの機会をぜひ大切にしたいですね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です