父の日、海外では?日付は日本と同じ?各国プレゼントの定番や風習をご紹介♪

91ca14bd150da44fd6e05935bbc52006_s 未分類

日本では6月の第三日曜日に制定されている「父の日」。そしてプレゼントの定番と言えばバラの花ですよね。
これらはアメリカから伝わったものですが、実は「父の日」は国によって多少違いがあることをご存知ですか?

今回は、海外の「父の日」文化についてまとめていこうと思います♪

スポンサードリンク

父の日の日付、海外でも日本と同じ?

「父の日」の日付は国によって違いがあります。
もちろん日本と同じ国もありますが、異なる国も多いです。

【日本と同じ国】
※6月の第三日曜日。

■アメリカ

■フランス

■インド

■中国

■イギリス

■カナダ

■チリ

■トルコ

■ペルー

■シンガポール

■メキシコ

■オランダ

■アルゼンチン

■コスタリカ

■コロンビア
など

【日本と異なる国】
■ドイツ(昇天祭の日。毎年5月頃。)

■ロシア(2月23日)

■イタリア(3月19日)

■ポルトガル(3月19日)

■スペイン(3月19日)

■ルーマニア(5月の第二日曜日)

■スイス(6月の第一日曜日)

■デンマーク(6月5日)

■オーストリア(6月の第二日曜日)

■ベルギー(6月の第二日曜日)

■グアテマラ(6月17日)

■ポーランド(6月23日)

■台湾(8月8日)

■ブラジル(8月の第二日曜日)

■タイ(12月5日)
など

父の日の風習、海外では?

各国の「父の日」の風習をいくつかまとめました!

スポンサードリンク

【イタリア】
子ども達がメッセージカードや簡単なプレゼントを渡したりする他、「ゼッポレ」という小麦粉に海藻とイーストを混ぜて発酵させた生地を揚げて作る、ナポリの郷土料理をみんなで食べる習慣があります。

【ドイツ】
子ども達からお父さんへ感謝を伝える日でもありますが、お父さん同士が集まってみんなでお酒を飲んだり楽しむ日でもあります。
ちなみに、ドイツの父の日は昇天日といってキリストが昇天したことを祝う日(復活祭の39日後の木曜日)なのですが、この日は「紳士(男)の日」でもあります。

【韓国】
韓国では5月8日に両親の日があり、母と父の日ですが、この日には両親へ花のプレゼントを贈る習慣の他、現金や商品券を渡すことも多いです。

【オーストラリア】
家族でバーベキューなどのアウトドアを楽しむ風習があります。

父の日のプレゼント、海外での定番は?

日本での父の日に贈るポピュラーなプレゼントと言えば、黄色いバラですよね。
日本とは異なる定番の花のプレゼントがある国をご紹介します

【アメリカ】
亡き父には白いバラ。健在な父には赤いバラ。

【タイ】
「プッタラックサー」という黄色の花。

さいごに

父のための祝日であることに違いはありませんが、国によっていろいろな風習があるのは面白いですよね!
調べていくと風習が異なるだけではなく、起源も様々あってとても興味深かったです。

日本では来月に控えた父の日、ぜひ日頃の感謝を伝えてくださいね♪

スポンサードリンク