喪中の初詣に行っておみくじやお払いをするのは非常識?

42725af70da2470c868774efaa62ca26_s 未分類

お正月といえば、初詣。でも喪中の時って初詣に行って良いのでしょうか?喪中といえば近親者のしを痛み、身を慎む事を言い新年を喜ぶ年賀状は出してはいけないと言いますが、初詣をして去年の感謝や今年の平和を神様にお願いする事はいけない事なのかな?と思ってしまいますよね。
今回は、喪中で迎える新年におみくじやお祓いをするのは非常識なのか、初詣にはいってはいけないのかをご案内いたします。

スポンサードリンク

喪中で初詣に行くのは非常識?

喪中は1年間神社へは行くべきではないといわれています。神様は神社に祀られており、神様は血や市などのケガレを嫌うといわれている為であるといわれています。
そのため喪中の神社へのお参りは控えるのが常識と言われています。
えすが、神社はいけないのであってお寺へのお参りはよしといわれています。

喪中で初詣にいっておみくじを引いても大丈夫?

初詣先がお寺であればおみくじを引く事は問題ありあません。ただ気を付けなけらばいけないのが忌中であることです。
死後の四十九日間を、忌中と呼び、喪中とは異なります。
おみくじを引く前に覚えておくと良い事は
初詣のおみくじはいつまで有効で回数引いていいの?結ぶのは絶対?をチェックしてくださいね♪

スポンサードリンク

喪中の初詣でお祓いをするのは非常識?

上記でも述べたように忌中である場合お祓いをするのは避けた方が良いでしょう。
そもそも喪中とはケガレを神様が嫌うため神社へのお参りは避けたほうが良いとされています。
そのケガレとは「汚れ・穢れ」ではなく「気枯れ」の事を言います。
身内が亡くなり気が枯れてしまっている間はゆっくりと休んで、参った気を回復させるべきだと神様が言っているのかもしれませんね。
もしも、お祓いをして気枯れが少しでも回復するのであれば初詣でお祓いをするのも良いでしょう。
大事な事は、枯れてしまった気を新しい年を迎えるとともに少しでも回復できる方法を見つける事です。

まとめ

いかがでしたか?初詣は日本人にとってはとても大事な行事です。喪中であれば初詣にいく事は非常識とはならないので、新しい年を少しでも明るくするために悲しい気持ちを振り払いに初詣に行くのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク