子どもの睡眠時間の理想は?昼寝は必要?短時間だとどうなる?

a0150_000094

子育てをする中で疑問に思うことはたくさんありますよね。そのうちのひとつに、「睡眠時間」もあると思います。

今回は、子どもの睡眠時間について、理想の時間やお昼寝の必要性、睡眠時間が短いとどうなるのか、についてまとめてみました!

スポンサードリンク

子どもの睡眠時間の理想は?

子どもの理想的な睡眠時間については諸説あるかと思いますが、今回は2015年にアメリカの「National Sleep Foundation」が発表をした、年齢別の理想的な睡眠時間をご紹介していきたいと思います。

【生後0~3ヶ月】
14~17時間

【生後4~11ヶ月】
12~15時間

【1~2歳】
11~14時間

【3~5歳】
10~13時間

【6~13歳】
9~11時間

子どもの睡眠、お昼寝は必要?

1歳頃からだんだんとお昼寝の回数が1日1~2回と少なくなってきますよね。
お昼寝の回数や時間は個人差も大きいかと思いますが、先ほど紹介した理想の睡眠時間を参考に、夜のまとまった睡眠で足りない時間分をお昼寝で補うようにするとよいでしょう。

スポンサードリンク

例えば1~2歳児の場合、夜9時に就寝し朝7時に起床したとすると、睡眠時間は10時間なので理想的な睡眠時間には1~4時間足りません。なので、1~4時間を目途にお昼寝をするようにします。

また、何歳までお昼寝をするかについては、個人差が大きいですが一般的に体力のつく2歳半~3歳頃までが多いようです。
体力の回復や脳の休息のためにも、小さいうちはお昼寝が大切です。

子どもの睡眠時間が短いとどうなる?

子どもの睡眠時間が短い(睡眠不足)ことでよく挙げられる弊害をまとめました。

■免疫力の低下。

■イライラしやすい。

■学力の低下。

■集中力の低下。

■肥満になりやすい。

さいごに

近年では子どもの就寝時間が遅くなっている、という話をよく耳にしますよね。
親の都合や様々な要因で仕方なく遅くなっている場合が多いと思いますが、子どもの成長を考えるとやはりきちんと生活のリズムを整えてあげることが大切ですね。

かくいう筆者も寝かしつけが遅くなってしまうこともあるので、子どものために早めの就寝を徹底していきたいと思います…!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です