残暑見舞いとは?送る時期や例文まとめ。

summer_message_zansyo_yoko 未分類

インターネットの普及により、近年ではハガキでの挨拶交換をする人が少なくなったと言われますが、その分ハガキを出す際には心を込めて送りたいものですよね。

夏場に送る挨拶ハガキに「残暑見舞い」がありますが、今ひとつどんなものか分らない、という方向けに今回は残暑見舞いについてまとめていこうと思います!

スポンサードリンク

残暑見舞いとは?

一年のうちで最も暑い“暑中”を過ぎた時期に、縁ある方々に出す挨拶状のことです。

なかなか終わらない続く暑さに対し、相手の安否を尋ねたり、健康を気遣うために送ります。

残暑見舞いを送る時期は?

残暑見舞いは、暦上の秋の始まりである「立秋」以降に送ります。
立秋は毎年8月7~8日頃で、その年によって多少変動します。ちなみに、2018年は8月7日(火)です。

いつまで送るかに関しては、一般的には8月いっぱいですが、長さが長引く年では9月の初旬頃まで残暑とされることがあります。
“残暑”というのは「暑さが残る時期」を指すので、明確な終わりの日付はありません。

残暑見舞いの例文紹介

― 冒頭挨拶文 ―

『残暑お見舞い申し上げます』

― 文面 ―

『立秋を過ぎても厳しい暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
おかげさまで私は元気に過ごしております。
残暑厳しき折、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
平成〇年晩夏』

スポンサードリンク

『立秋とは名ばかりで、連日厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私の方は大過なく過ごしております。
まだしばらくは暑さが続くようですので、くれぐれもご自愛ください。
平成〇年立秋』

『暦の上ではもう秋だというのに相変わらず暑い日が続いていますが、元気に過ごしておられるでしょうか。
私の方は特に病気もせず元気に過ごしております。
夏の疲れが出やすい頃ですので、どうぞお身体を大切にお過ごしください。
平成〇年〇月』

『立秋を過ぎましたが毎日暑い日が続いていますね。お元気でお過ごしでしょうか。
私の方はおかげさまで元気に過ごしています。
まだまだ気温が下がらないようですので、体調にはお気をつけてお過ごしください。
平成〇年晩夏』

友人など親しき間柄の人に宛てた場合は、上記のような例文に加え、夏どのように過ごしたかや近況なども加えて書くようにするとより良いですね!

さいごに

季節の挨拶状交換は、日本の素敵な慣習のひとつだと思います。
ご縁ある方とのやりとりは欠かさずに続いていくと素敵ですよね♪

今回の記事がお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク