暑中舞いとは?送る時期や例文まとめ。

syochuomimai_yoko

インターネットの普及により、近年ではハガキでの挨拶交換をする人が少なくなったと言われますが、その分ハガキを出す際には心を込めて送りたいものですよね。

夏場に送る挨拶ハガキに「暑中見舞い」がありますが、今ひとつどんなものか分らない、という方向けに今回は暑中見舞いについてまとめていこうと思います!

スポンサードリンク

暑中見舞いとは?

一年のうちで最も暑い時期に、縁ある方々に出す挨拶状のことです。

暑さが厳しい時期に相手の安否を尋ねたり、健康を気遣うために送ります。

暑中見舞いを送る時期は?

暑中見舞いを送る時期については諸説あります。

■夏の土用
(立秋の18日間前~立秋の前日)
夏の土用は毎年多少変動しますが、2018年は7月20日~8月6日です。

■暑中の期間
(小暑~立秋の前日)
暑中の期間も毎年多少変動しますが、2018年は7月7日~8月6日です。

■梅雨明け~立秋の前日
梅雨明けの時期は、自身が住んでいる地域の梅雨明けではなく、送る相手が住んでいる地域の梅雨明けに合わせます。今年の立秋前日は8月6日です。

スポンサードリンク

暑中見舞いをいつまでに送るかについては「立秋の前日」と決まりがありますが、いつから送り始めるかについては明確な決まりがありません。
先ほど暑中見舞いの趣旨をご紹介しましたが、暑さが厳しい時期に挨拶状を送る習慣なので、「最も暑いな」と思う時期に合わせて送り始めるのが良いでしょう。

暑中見舞いの例文紹介

― 冒頭挨拶文 ―

『暑中お見舞い申し上げます』

― 文面 ―

『暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私は元気に過ごしております。
酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
平成〇年盛夏』

『梅雨が明けたとたん猛烈な暑さとなりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
私も、暑さに負けないよう頑張っております。
これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。
平成〇年〇月』

『連日厳しい暑さが続いておりますが、元気に過ごしておられるでしょうか。
私の方は特に病気もせず元気に過ごしております。
昨年にも増して暑さが厳しく感じられます。どうぞお身体を大切にお過ごしください。
 平成〇年盛夏』

さいごに

季節の挨拶状交換は、日本の素敵な慣習のひとつだと思います。
ご縁ある方とのやりとりは欠かさずに続いていくと素敵ですよね♪

今回の記事がお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です