母の日の由来は?子どもへの簡単伝え方は?カーネーションを贈るのはなぜ?

a1380_000092 未分類

4月に入り、街中では母の日ギフトの広告をよく見かけるようになりましたね!
日本では毎年5月の第二日曜日が母の日ですが、みなさんは母の日の由来など詳しくご存知ですか?

今回は、母の日の由来や子どもへの簡単な伝え方、なぜカーネーションを贈るのかについてまとめてみました♪

スポンサードリンク

母の日の由来は?

母の日誕生のきっかけは、アメリカ・ペンシルベニア州で「アンナ・ジャービス」という女性が20世紀初頭に『母のための祝日』を設ける運動を始めたことです。
アンナ・ジャービスは1905年5月9日に敬愛する母を亡くしたことを受け、生前に母を敬う機会を設けようと周囲に働きかけました。その運動は多くの賛同者を集め、やがてアメリカ全土へと広まっていったのです。

そして1914年、当時のアメリカ大統領は5月の第二日曜日を『母の日』と制定し、国民の祝日となりました。これが世界初の国全体における「母のための記念日」誕生です。

日本では明治の末期頃から母の日が始まり、全国に広まったのは1937年に森永製菓が行った広告がきっかけと言われています。

母の日の由来、子どもへの伝え方は?

母の日の由来を子どもへ伝える際は、『昔アメリカで、大好きだったお母さんを亡くした女の人が、お母さんが生きているうちにちゃんと“ありがとう”や“大好き”を伝えられるように「お母さんのための日」を作ったんだよ。』といった感じで、簡単に伝えるのが良いでしょう!

スポンサードリンク

小さいな子どもに「母の日って何?」と聞かれた場合には、「お母さんにありがとうを伝える日だよ」と簡潔に伝えるのが分かりやすくて良いですね♪

母の日にカーネーションを贈るのはなぜ?

母の日にカーネーションを贈るようになったのは、母の日を考案したアンナ・ジャービスが彼女の母が好きだった「白いカーネーション」を母にお供えしていたことがきっかけです。
このことから派生して、母親が生きているうちには「赤いカーネーション」を、亡くなってからは「白いカーネーション」を贈る風習が定着していきました。

また、カーネーションの花言葉は“無垢で深い愛”であり、赤いカーネーションは“母への愛”を表していることから、赤いカーネーションが選ばれる一因ともなっています。

余談ですが、カーネーションには色ごとに花言葉が異り、ピンクのカーネーションは「女性の愛」、白いカーネーションは「純粋な愛」、黄色いカーネーションは「軽蔑」、紫のカーネーションは「気品」です。黄色だけ、ネガティブな花言葉であることを知らない方も多いのではないでしょうか!

さいごに

「母の日」が、母への敬愛や感謝を示す日として、多くの人々の賛同を得て制定されたと思うと、とても素敵ですね!

日頃改まって感謝の気持ちを伝えるのはなかなか難しいと思いますが、年に一度のこの機会はぜひ大切にしたいですね♪

スポンサードリンク