はちみつ、赤ちゃんはいつから?乳児ボツリヌス症について。大人は大丈夫?

a0002_006068

はちみつと言えばいろいろな効果・効能が期待できる食品のひとつで、身体にも良いイメージがありますよね。
しかし、乳児期には与えてはいけない注意すべき食品のひとつでもあります。昨年、はちみつによる乳児死亡のニュースが流れ、記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、赤ちゃんのはちみつ摂取に関して詳しくまとめていこうと思います!

スポンサードリンク

はちみつ、赤ちゃんはいつから?

はちみつを赤ちゃんに与えても良いのは、1歳を過ぎてからです。

なぜ赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないのかと言うと、はちみつに含まれている「ボツリヌス菌」によって「乳児ボツリヌス症」という病気を引き起こしてしまう可能性があるからです。

乳児ボツリヌス症とは?

「ボツリヌス菌」は自然界に広く存在している菌の一種で、食中毒の原因となる菌のひとつでもあります。100度の熱でも殺菌することが難しいほど熱に強い菌のため、加熱調理してもリスクが残る菌です。

スポンサードリンク

はちみつに含まれるボツリヌス菌は極微量ですが、1歳未満の赤ちゃんは腸内環境が未熟なため、万が一はちみつにボツリヌス菌が混ざっていた場合、腸内で菌が増殖し「乳児ボツリヌス症」を引き起こしてしまいます。
発症しやすい時期は、生後3週間~6ヶ月といわれていますが、厚生労働省の離乳食資料にも、はちみつの使用に関して「乳児ボツリヌス症予防のため満1歳まで使わない」と記載がされています。

あらわれる症状としては、便秘や哺乳力の低下、筋力の低下などです。神経症状を発症することもあり、過去には死亡例もあります。

ボツリヌス症、大人は大丈夫?

先ほども記述しましたが、はちみつに含まれているボツリヌス菌は極微量なので、大人が食べても何の問題もありません。

さいごに

1歳になっても乳児期の成長は個人差が大きいので、はじめて子どもにはちみつを与える際は細心の注意を払いたいですね。

はちみつが入った食品は意外と多いので、取り分けする際にもお気をつけください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です