確定申告とは?期間は?申告しないとどうなる?

a0008_001867

2月に入ると目や耳に入ってくる『確定申告』という言葉。
慣れている人にはたいした事ではないと思いますが、これから初めて申告する人や、まだ申告をしたことのない人には、よく分らないことが多いのではないでしょうか。実際、筆者もそうでした。

そこで今回は、確定申告がどのようなものかまだ知らないという方向けに、確定申告についてまとめてみました!

スポンサードリンク

確定申告とは?

確定申告とは、所得にかかる税金(所得税/復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続きのことです。個人所得の計算期間は、1月1日~12月31日の1年間。
確定申告書や決算書等の必要書類を揃え、翌年の所定期間に税務署にて申告・納税をします。人により、確定申告を行うことで納めすぎた税金が還付金として手元に戻ってくる場合(還付申告)もあります。

確定申告が必要な人についてはこちら

確定申告の期間は?

2018年の確定申告期間は、2月16日(金)~3月15日(木)です。

スポンサードリンク

確定申告の期間は原則として、仕事をした翌年の2月16日~3月15日で、もし2月16日および3月15日が土日となる場合に、休み明けの月曜日に期間がずれることになります。

今年はどちらも土日に被らないので、2017年分(平成29年分)の申告は、上記期間〈2月16日(金)~3月15日(木)〉に行われます。

確定申告をしないとどうなる?

確定申告が必要な人が申告せずに放置した場合、本来納めるべき税金に「加算税」や「延滞税」が上乗せされてお金を請求されることになってしまい、納税金額が本来よりも高くなってしまいます。

なので、確定申告が必要な対象であるか自身できちんと判断し、申告漏れがないように注意することが大切ですね。

さいごに

確定申告などお金周りのことは、不慣れな人にとってはとても大変なことですよね。
筆者は子どもを出産した翌年の医療費控除を受ける際に、確定申告について色々と調べ知ることになりましたが、それまでは会社勤めの際の年末調整用紙記入くらいしかしたことが無かったので、確定申告は未知なるものでした(^^;)

知識が無いために損をしてしまうことや、税金滞納してしまうこともあると思うので、ぜひ皆さんお気をつけください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です