雛人形の意味は?いつ飾る?しまう時期は?

hinamatsuri_odairi_ohina 日本文化

3月3日の桃の節句に向け、女の子がいるご家庭では雛人形を飾りますよね(^^)
1年に1度の飾り付けを楽しみにしている子も多いのではないでしょうか♪

ひな祭りには雛人形を飾るというのが風習ですが、雛人形を飾る意味はご存知ですか?
今回は雛人形の意味と、飾る時期・期間についてまとめてみました!

スポンサードリンク

雛人形の意味は?

雛人形に込められた一般的な意味は二つあります。

◆子ども(女の子)の健やかな成長と幸せを願う。

◆将来幸せな結婚が出来るようにとの願い。

雛人形には厄災を人に変わって引き受ける人形(ひとがた)の役割があると考えられており、そのことから雛人形を飾り付け、女の子の健やかな成長と幸せを願う日となったと言われています。

雛人形の起源は、中国渡来の「上巳(じょうし)」の節句です。上巳の節句は3月3日で、水辺にて身を清め、草や藁で作られた人形で体を撫でることで穢れを人形に移し、それを川に流すことで厄払いをする習慣がありました。
また、平安時代に貴族階級の女の子たちが行っていた紙人形の宮中おままごと「雛遊び(ひいなあそび)」が上巳の節句と合わさり、現在のような雛人形へと変化していきました。

ちなみに、「上巳の節句」と「雛遊び」が融合して変化し至ったのが今日の雛人形ですが、雛人形が宮中の結婚式を模した形になったのは、天皇・皇后のような幸せな結婚ができますようにという願いが込められているからです。

昔と違い現代では様々な生き方が選択できるようになり、型にはまったしきたりも少なくなってきましたが、お人形に込める思いはいつの世も変わることなく、子供の健康と将来の幸せなのです。

スポンサードリンク

雛人形はいつ飾る?

地域によっては、旧暦の3月3日(2018年は4月18日)にひな祭りを行うところもあるようですが、一般的なひな祭りは3月3日です。
今回は一般的な3月3日のひな祭りで話を進めますが、遅くともひな祭りの1週間前までには飾るのが理想とされるので、2月24日までには飾るようにするのが良いでしょう。

続いて、飾るのに縁起が良いとされている日もあるのでご紹介したいと思います。

◆立春(2月4日)…暦上の春の始まり。

◆雨水(2月19日)…温かさに雪や氷が溶けて雨水として降り注ぐ日。 昔から、農耕の準備をはじめる目安として使われてきました。

◆大安の日…大安吉日と言うように、何をやるにも縁起がいい日とされます。2018年の2月の大安は3日、9日、15日、20日、26日です。

雛人形をしまう時期は?

明確な決まりはありませんが、ひな祭りの翌日以降、お天気の良い日になるべく早めに片付けます。
一般的には、ひな祭りの後1週間~10日のうちに片付ける人が多いようです。

よく雛人形を片付けるのが遅いと婚期が遅れるなんて話しを耳にしますが、これは早く雛人形を片付けさせるためにできた迷信だそうですよ(^^)

さいごに

日本には様々な風習がありますが、意味など詳しく知らずに過ごしてしまうことも多いのではないでしょうか。
理解を深めると、同じ風習が今までと違って見えてくることもあると思います。

今回の記事がお役に立てば幸いです(^^)

スポンサードリンク