鏡開きはいつ?意味やお餅の食べ方まとめ★

kagamiwari_mochi

お正月には様々な日本の慣習がありますが、そのひとつに「鏡開き」がありますよね。
鏡開きの日にはお正月に飾っていた鏡餅を食べるというのは知っている人でも、鏡開きの意味までは詳しく知らない…という人も多いのではないでしょうか。

今回は、鏡開きの日にちや意味、お餅の食べ方についてまとめてみました!

スポンサードリンク

鏡開きはいつ?

一般的な鏡開きの日にちは、1月11日です。

鏡開きは「松の内」が終わってから行うものとされますが、考え方の違いにより、地域によって鏡開きの日にちが異なるところもあります。

関西地方:1月15日または20日

京都:1月4日

鏡開きの意味は?

そもそも鏡餅は年神様を歓迎する意味を込めて飾られますが、その年神様が帰る時期に、鏡餅をお供えしていた場所から降ろし、割って食べることで神様を見送るという意味が鏡開きにはあります。

スポンサードリンク

また、飾られた鏡餅には年神様の魂が宿ると考えられており、そのお餅をいただくことで、年神様の力を授けてもらえるとも考えられ、その力を授かって一年間家族が無事幸せに過ごせるようにとの思いも込められて行われている伝統行事です。

鏡開き【お餅の食べ方】

固くなった鏡餅を割って食べるのが習わしです。
鏡餅には神様が宿っていると考えられているので、包丁で切るのは失礼にあたると考えられ、食べる際は木槌などで割って食べます。(このことから、鏡開きではなく「鏡割り」と言われることもあります。)

食べ方(調理法)に決まりはありませんが、「おしるこ」で食べるのが一般的です。
その理由としては、古くより小豆には魔よけ・邪気払いの力があると考えられていたため、それを神様の力が宿る鏡餅と一緒にいただくことで縁起が良いと考えられたことです。

さいごに

日本文化の中には、なんとなく行っていて詳しく意味など知らない事も多いと思います。
詳しい意味などを知ると、また新たな気持ちでその文化を捉えることが出来るのではないでしょうか^^

今回の記事がお役に立てば幸いです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です