七草粥の作り方は時短でおいしく炊飯器を使ってむくみも解消しちゃおう♪

708545db767496428b5dfa5eae21d40b_s

お正月も明けて、お腹がなんだかたっぷんたっぷんになっていませんか。そんな時に胃に優しいのが七草粥です。1月7日の人日の節句で食べられる早春の七草をおかゆに入れて無病息災を願って頂くお粥はとってもヘルシーでお正月に酷使した胃にやさしいんです♪今回は七草粥の作り方でおいしくて時短できる炊飯器をつかったむくみ解消レシピをご紹介します♡

七草粥のおいしい作り方

20120107031315fd0
 出典:星のささやき ~ 月夜のダイアリー ~

春の七草といえば、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ、これぞ春の七草!子供の時に母に教え込まれました。もともとは、寒い冬の時期に野菜がとれないため、野草で済ませようと言ったり。平和を祈って、おせち料理の様にそれぞれの草に意味合いを持たせたりとして食べられていました。そんな七草粥ですが、おかゆブームも手伝っておしゃれ女子の中ではひそかなブームだったりします。
でも、七草粥って7草全部そろえるのって大変そう…それぞれ売ってるの?もしかして自分で摘まなきゃいけないの?なんて悩んでしまいますよね。でも安心してください!
最近ではスーパーで七草粥セットが売っている所がほとんどです。筆者の実家では、母が毎年作ってくれていたので今まで七草がどこからやってくるのか知りませんでしたが、いざ一人暮らしをしてみるとスーパーで目にするようになりました。草と言っても野菜のような見た目の物もあったりりかかわいらしく乙女心をくすぐります。そのセットを買ってしまえば調理するのは簡単です。

七草粥の作り方

炊き終わったお米でお粥を作る場合
普段お粥を作る容量で、お鍋にお米を入れお米がつかるぐらいの水で煮ます
沸騰したら弱火にして切った七草を入れます
もしあればおもちを入れてもおいしいですよ
そのままだとあまり味がしないので、お醤油や梅昆布茶などで味を付けるとおいしくいただけます。

スポンサードリンク

七草粥の作り方は炊飯器で楽々時短

お粥を作ったことがない人におすすめなのが、炊く前のお米と一緒に炊飯器に入れて作ってしまう事です。最近の炊飯器であれば、安物でもたいていお粥機能がついています。
七草は切ってそのまま炊飯器に入ればOK♪あとは炊飯器の水の量をおかゆ用に調整して炊飯ボタンを押すだけです♪ちょっとしたテクニックとして鶏がらスープの素を入れると中華風でおいしくなりますよ♪炊き終わった後の一工夫としてはごま油を混ぜるとさらに風味も増しおいしくなります!
また、あまり知られていませんがお粥は保存がききます。
しかも冷凍庫に入れておけば2週間ほど持つんです!なので一人暮らしの女性にはとってもおすすめ♪スーパーで2,3人用の七草セットを買って3号程度のお粥を炊いて冷凍庫で保存しておけば正月太り対策のダイエット食としても大活躍してくれますよ!

七草粥の作り方を覚えてむくみ解消しちゃおう

胃に優しく、ヘルシーなお粥ですが、七草粥はむくみ解消にもなるってご存知ですか?
低下カロリーで、水を多く含むため満腹感も少ない量で得られるというダイエットにとっても嬉しい七草粥ですが、さらにさらに見逃せない効果があるんです!
それが基礎代謝の向上です!そのなのとおり7種類の草からなる七草粥は草の持っているパワーをそのままいただくことができちゃうとっても嬉しいお粥です。
冷え性改善や、保湿効果のあるセリや、利尿作用のあるハコベラ。ビタミンCが豊富で、貧血予防やシミそばかす予防に効くスズナなど、むくみ解消だけではなく美容にも効果的なのです!おいしくって、満腹にもなる上に美人になれるなんて女性にはとっても嬉しい七草粥ですね♡

まとめ

日本の古臭い文化だと思われがちな七草粥ですが、実は現代のお疲れ女性にはとっても嬉しい効果をいっぱい秘めているんです♪簡単で美味しい七草粥を食べて、正月太りをリセットして回りに差をつける健康美人になっちゃいましょう♡

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です