インフルエンザワクチンの不足はいつまで?効果や値段まとめ

medical_chuusya_girl 病気

毎年猛威を振るうインフルエンザウイルス。インフルエンザは予防ワクチンを打つことが出来るので、多くの人が希望しますよね。
しかし、今年はインフルエンザワクチンが不足していて連日ニュースにもなっています。

今回は、このワクチン不足はいつまで続くのか、またワクチンの期待される効果や値段についてまとめてみました!

スポンサードリンク

インフルエンザワクチンの不足はいつまで?

先日お医者さんに伺ったところ、「12月の後半から充足してくる」とのことだったので、そろそろワクチン接種できる病院も増えてくると思います。

インフルエンザワクチン接種後、体内で抗体が出来るまでは約2週間かかるそうなので、年内に摂取が出来れば1月上旬には間に合いませんが、大流行が考えられる1~3月に備えることは出来るので安心ですね。

インフルエンザワクチンの効果

インフルエンザワクチンの効果ですが、予防接種を受けたからといって「ウイルスの感染を完全に防ぐ」というわけではありません。
ワクチン接種により期待できる効果は、インフルエンザに感染後の発症を抑えたり、重症化を予防したりといった効果です。

また、インフルエンザワクチンの型と流行ウイルスの型が必ずしも一致するわけではないので、その点も留意が必要です。
しかし、厚生労働省の発表によると、ウイルスの型が一致した場合の摂取効果はとても高いとの研究結果が出ているので、ウイルス型が合致した場合の効果は大変期待できると考えられます。

スポンサードリンク

インフルエンザワクチンの値段

対象年齢別の価格目安をご紹介します。

【6ヶ月~13歳未満】
約6,000円~7,000円(2回接種)

【13歳以上~成人】
約3,000円~5,000円(全額自己負担)

【高齢者】
無料~約2,000円

*自治体の助成や病院によって価格は多少異なりますので、正確な金額は摂取先でご確認ください。

さいごに

筆者の家庭では今年誰もインフルエンザワクチンの接種をしていませんが、友人の子どもが摂取に行ったところ、「まだ1回も摂取出来てない人もいるから…」との理由で2回のうち1回しかワクチン接種出来なかったと言っていました。
既定の回数摂取しないことに効果の疑問を持っていましたが、そのような人も大勢いるのかと思います。もちろん、摂取を希望しているけれど一度も受けられない人もたくさんいますよね。

筆者も以前インフルエンザにかかったことがありますが、病状が辛いのはもちろんですが、感染防止のため行動が制限されてしまうのもとても辛かったです。
なので、防げるのであればそれに越したことはないですし、摂取希望者の方には一刻も早くワクチンが行き渡ってほしいと思います。

余談になりますが、簡単に出来るインフルエンザの予防として、腸内環境を整えると良いそうです。ワクチン接種以外で予防のために何かお探しの方は、ヨーグルトなどで腸活をしてみてはいかがでしょうか

スポンサードリンク