初夢はいつ?縁起のいい夢とは?一富士二鷹三茄子の続き

hatsuyume 年末年始

新しい年の始まりに、一年の運勢はどうか「初夢」をみるのを楽しみにしている人も多いかと思います♪
「一富士二鷹三茄子」で有名な初夢ですが、初夢とはいつみる夢のことか正確にご存知ですか?

今回は、初夢とはいつみる夢のことなのか、また縁起の良い夢についてまとめてみました!

スポンサードリンク

初夢はいつみる夢のこと?

結論から言うと、1月1日の夜、すなわち「元日の夜から2日にかけてみる夢」が初夢とされます!

初夢と聞くと、新年最初に見る夢、つまり12月31日の大晦日から元日にかけてみる夢だと考えている方も多いのではないでしょうか。かくいう筆者も以前はそのように思っていました。

しかし、現在は上記の考えが主流ですが、昔は「大晦日から元日にかけてみる夢」や「1月2日から3日にかけてみる夢」を初夢とする考えもあり、初夢の時期に関しては諸説あります。
ちなみに、現在のように「元日の夜から2日にかけてみる夢」が初夢とする考え方が主流になったのは、明治以降とされています。

縁起の良い夢とは?

多くの方が、縁起の良い初夢として「一富士、二鷹、三茄子」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
それぞれどう縁起が良いと考えられているのか、その意味や「一富士、二鷹、三茄子」の続きについてご紹介します!

■一富士(いちふじ)
古来より、富士山は日本一の山神が住むとされる霊峰で、出世や成功をもたらせてくれると考えられています。

■二鷹(にたか)
鷹は、その鋭い爪で福徳を掴み、鋭い眼光で邪気を払うと考えられています。

■三茄子(さんなすび)
事業や商売の実を結び、あらゆる願いを「成す」に導くと考えられています。

また、「一富士、二鷹、三茄子」のあとには「四扇、五煙草、六座頭」が続きます。

■四扇(しおうぎ)
扇は、その形が末広がりの幸を連想させることから縁起が良いとされます。
財産や子孫の繁栄を示すともいわれます。

スポンサードリンク

■五煙草(ごたばこ)
煙草は、煙が上に上がるように運が上がるとの考えから縁起が良いとされます。
出世を示すともいわれます。

■六座頭(ろくざとう)
座頭は、剃髪した琵琶法師を指していて、「毛がない=怪我ない」との考えから縁起が良いとされています。
家内安全を示すともいわれます。

余談ですが、筆者が息子のお宮参りの際に利用した着物屋さんで縁起の良い十項目を教えてもらったので、あわせてご紹介したいと思います!
※一~三は「富士」「鷹」「茄子」なので省略します。

■四神相応(しじんそうおう)
四方を守る神。東方/青龍、西方/白虎、南方/朱雀(鳳凰)、北方/玄武(亀)。

■五鯉躍(ごりやく)
五匹の鯉が飛びはねている様。「五鯉躍(ごりやく)」→ご利益に通じると考えられています。

■六瓢(むびょう)
六つの瓢箪を示す「六瓢(むびょう)」→無病に通じると考えられています。無病息災。

■七福神(しちふくじん)
七難七福を司る神様。恵比寿・大黒・毘沙門天・布袋・福禄寿・弁財天・寿老人。

■八方睨みの龍(はっぽうにらみのりゅう)
四方八方を睨む龍は神の化身として災いを除き、八方より入り込む災厄を追い払うと考えられています。

■九頭馬(きゅうとうば)
疾走する九頭の馬の様。「馬九いく」→うまくいく、に通じ九つの吉運を招くと考えられています。

■十徳地蔵(じゅっとくじぞう)
苦しみや災厄の身代わりとなり、平安と幸せを授けてくれる地蔵様。

さいごに

初夢をみるなら、縁起の良い夢がみられたら嬉しいですよね♪
眠る前、リラックスした状態で、見たい夢を具体的にイメージすると希望した夢をみやすくなると言われます!(具体的イメージには写真や動画などの視覚情報があるとより効果的◎)
筆者はまだ成功したことがありませんが、気になった方はぜひ試してみてください^^♪

スポンサードリンク