赤ちゃん冬の過ごし方まとめ【屋内外の過ごし方ポイント】

tree4_fuyu

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、寒い冬の過ごし方にはいろいろと気を遣いますよね。
はじめての子育ての場合、どうしたら良いか分からないことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、赤ちゃんの冬の過ごし方について、【屋内】【屋外】ごとにポイントをご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

赤ちゃん冬の過ごし方ポイント【屋内】

■適温を意識する。
室内の温度と外気の温度差は5度前後になるように設定し、赤ちゃんが快適に過ごせる温度になるように心掛けます。
外と室内の温度差があり過ぎると、身体に大きな負担がかかり、体調を崩しやすくなってしまいます。

また、冬場のエアコン設定温度は20度が推奨されていますが、20度設定では少し寒く感じる方も多いですよね。
そんな時は、窓から熱が逃げないように厚手のカーテン等を利用したり、エアコンが部屋のサイズにあっているのか確認したりしてみてください。
それでも寒く感じる場合は、赤ちゃんのために設定温度をあげることをおすすめします。

■こまめなスキンケアを行う。

冬場は肌が乾燥しやすくなりますよね。
ベビーローションなどを使い、こまめに保湿をするようにしましょう。

ちなみに、皮膚科で処方してもらえる保湿クリームが肌馴染みも良く大変おすすめです。

■厚着に気をつける。

寒いとつい厚着させたくなりますが、赤ちゃんは汗っかきでもあるので、厚着しすぎないようにしましょう。

スポンサードリンク

ちなみに、筆者の場合は半袖肌着+厚手の長袖1枚にしていました。

赤ちゃん冬の過ごし方ポイント【屋外】

■日が出ている時間帯に外出する。

日が落ちるといっきに冷えるので、なるべく外出の際は日が出ている時間帯(9~15時)にしましょう。

■日焼け・紫外線対策をする。

冬場は怠りがちになってしまう日焼け対策ですが、肌の弱い赤ちゃんには紫外線対策をきちんとするようにしましょう。

■こまめな水分補給をする。

空気が乾燥する冬の時期はとくに感染症にかかりやすくなります。
のどの乾燥を防ぎ、感染症を予防する意味でもこまめに水分補給することが良いでしょう。

■防寒対策をしっかりする。

おくるみの使用など全身しっかり防寒対策をして、身体を冷やさないようにしましょう。

また、保温の意味でも抱っこひもでの外出がおすすめですが、ベビーカー利用時はフットマフや温熱クッションの利用がおすすめです。

さいごに

冬場は室内と屋外の寒暖差によって体調を崩してしまったり、乾燥による肌トラブルがあったり、気をつけなければなりないことがたくさんありますよね。
しかし、ちょっとした配慮やケアをするだけで防げるトラブルもあります。

寒い冬でも赤ちゃんが快適に過ごせるよう、意識して環境づくりをしてあげてください^^
一緒に冬を乗り切りましょう♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です