寒中見舞いとは?送る時期や例文まとめ。

text_kanchuomimai_yoko

インターネットの普及により、近年では年賀状を出す人が少なくなったと言われますが、まだまだ年始の挨拶をハガキで交わしている人もたくさんいますよね。

年賀状を過ぎると『寒中見舞い』を送りますが、寒中見舞いとは何か今ひとつ分らない、という方向けに今回は寒中見舞いについてまとめました!

スポンサードリンク

寒中見舞いとは?

寒さが厳しくなった時期に、縁ある方々に出す挨拶状のことです。

また、喪中はがきとして年内に間に合わなかった場合に代用されるなど様々な用途があります。

≪用途まとめ≫
・一般的な季節の挨拶に。

・喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合に。

・年賀状をもらったが松の内(※)に返礼を出していない場合に。
※松の内とは門松などの正月飾りを飾っておく期間の事で、一般的には元旦から1月7日まで。

・喪中の方への挨拶に。

【寒中見舞い】送る時期

1月8日頃~2月3日頃
(松の内が明けてから立春までが寒中とされる)

【寒中見舞い】例文

―冒頭挨拶文―

『寒中お見舞い申し上げます』

―文面―

『寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか
 冬はこれからが本番ですので
 風邪など召されませぬようご自愛ください
 本年もどうぞよろしくお願いいたします
 平成〇年〇月』

スポンサードリンク

『春の訪れが待ち遠しい日々ですが
 皆様お変わりはございませんか
 昨年中はいろいろとお世話になりありがとうございました
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
 平成〇年〇月』

『ご丁寧なお年始状をいただきありがとうございました
 寒さも増しますのでお身体を大切にお過ごしください
 本年もよろしくお願いいたします
 平成〇年〇月』

『皆様にはお健やかに良い年をお迎えになられたこととお慶び申し上げます
 喪中のため新年のご挨拶を失礼させていただきました
 寒さ厳しい折柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます
 平成〇年〇月』

『(父 太郎が昨年〇月〇日に〇歳で)
 永眠いたしましたので
 新年のご挨拶を失礼させていただきました
 寒さ厳しい折柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます
 平成〇年〇月』
*()内は故人の「続柄・名・亡くなった月日・亡くなった歳」

さいごに

季節の挨拶状交換は、日本の素敵な慣習のひとつだと思います。
ご縁ある方とのやりとりは欠かさずに続いていくと良いですよね^^

今回の記事がお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です