喪中はがきはいつだす?続柄範囲や文例まとめ。

008167_li

身内に不幸があった場合に「年賀状は出しません」ということをお知らせる年賀欠礼の挨拶状として送る喪中はがき。
身近な人を亡くし傷心の中でも、お世話になった人たちへのご報告・ご挨拶はきちんとしておきたいですよね。

今回は、喪中はがきはいつ送ればよいのか、また喪に服する続柄の範囲や文例をまとめました。

スポンサードリンク

喪中はがきはいつ送る?

喪中はがきを送る時期は、11月下旬~12月上旬頃を目安に。

相手方が年賀状を書き始める前に先方へ届くように配慮することが大切です。

喪に服する続柄の範囲

一般的に、喪に服する続柄は本人からみた2親等以内とされます。
しかし3親等以上でも、親しい間柄の場合は喪中にすることが多いようです。

◆0親等…配偶者
◆1親等…父・母・子
◆2親等…祖父・祖母・兄弟姉妹・孫

喪中はがき文例

―冒頭挨拶文―

『喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます』

『喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます』

『喪中につき新年のご挨拶をご遠慮させて頂きます』

―文面―

『本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますと共に
皆様には良い年が訪れますようお祈り申し上げます 平成〇年〇月』

『本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますと共に
皆様には明年もご多幸の年でありますようお祈り申し上げます 平成〇年〇月』

『本年中に賜りましたご厚情を深謝いたしますと共に
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
なお時節柄一層のご自愛のほどお祈り申し上げます 平成〇年〇月』

スポンサードリンク

※故人の名を入れる場合は冒頭挨拶文の後に「続柄」「名前」「亡くなった日付」「亡くなった年齢」の順で。

(例)父 太郎が十月十日に八十歳で永眠いたしました

さいごに

喪中はがきのデザインには花のモチーフがよく使われますよね。切手の柄も胡蝶蘭のものを使用しますし。
しかし花のデザインといっても種類がたくさんあって、どの花を選ぶとよいか迷う方もいるのではないでしょうか。
実際、筆者はデザインを決める際に迷ったので花の意味を調べ参考にしました。

そこで、さいごに喪中はがきでよく見かける花の意味をまとめたので気になる方はご覧ください。

【胡蝶蘭】
000396_li
純粋な愛。幸福が飛んでくる。

【蓮】
007590_li
神聖。清らかな心。

【菊】
008818_li
高貴。高尚。清浄。

【桔梗】
007156_li
変わらぬ愛。誠実。清楚。

【百合】
006836_li
無垢。威厳。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です