風邪の子供が熱を出した時の食べ物とお風呂の入れ方

3517210bac9dcb0b034a0e448e5f68fa_s

小さな子供は保育園に行き始めると免疫力がなく、すぐに高熱を出してしまう事があります。
親としてはとっても不安ですし、初めての子供ならなおさら熱を下げる為にはどうすればいいのか、
どんなものなら食べてくれるのか、お風呂は入れていいのかとわからない事だらけで困ってしまいますよね。
しかも、子供の熱は悪化すると将来にかかわるような機能障害を引き起こすかもしれません。
今回は風邪の子供の熱の下げ方と良い食べ物とお風呂に入れるべきかで悩むママの為にまるっと調べましたよ!

スポンサードリンク

風邪で子供の熱が下がらない!どうすればいいの!?

まず38℃以上の熱があるならば、小児科に行きましょう。
鼻水と咳だけなら耳鼻科でよいでしょう。
たいていの保育園では、38℃を超えるとお迎えの連絡が来ます。
8度以上の場合は何らかの原因があり発熱している為、知恵熱とかかんらえずらいです。
急激に熱が上がる場合などはインフルエンザの可能性もありますので昼間であれば早めにお医者さんにかかりましょう。

熱の他にも、けいれんや発疹、下痢や食欲不振など熱プラスαの症状がある場合はただの発熱ではなく、
風邪などの病気による発熱の可能性が高いので気を付けて観察しましょう。

保育園などに行きだすと、子供は頻繁に風邪を貰ってくるようになります。
子供により多少の差はありますが、3歳までの子供は本当によく風邪をひき、熱を出します。
でも3歳を過ぎると、ぐんと減るのでそれまでぐっと我慢しましょう。

風邪の子供がしっかり食べてくれる食べ物って?

熱を伴う風邪は大人でも食欲がなくなってしまいますよね。子供であればなおさら食欲はなくなってしまうところですが、
免疫力を高める為にも栄養を取らなくてはいけません。では、風邪で熱がある子供にはどんな食べ物を与えればいいのでしょうか。

熱がある子供にとって特に大切なのは、
睡眠・水分・栄養です。
特に下痢も伴っている子供にはこまめな水分補給が重要です。
そして、消化がよくするすると飲むように食べられる物が良いでしょう。

スポンサードリンク

私が子供の頃熱を出した時に母が作ってくれた食べ物は、
すりおろしリンゴです。
熱が出ていてつらい時でも、すりおろしリンゴはおいしく食べられた記憶があります。
それどころが、熱が出るときのスペシャルメニューとしてすりおろしリンゴを楽しみにしていたほどです。

そのほかにも、葛霧やゼリー、プリンなど栄養があり冷たくてするっと食べられる物は子供でも比較的食べてもらえます。
甘くておいしい物で食欲が出てきたら、おかゆやうどんなど消火に良い物を与えてみましょう。
おかゆやうどんには溶き卵や野菜を入れるとより栄養をとれます。
そのほかにも茶碗蒸しはプリンのような見た目と、つるんとしたのど越しで比較的に食べやすいだけではなく、
野菜なども入っている為、栄養が多く取れます。
冷たいままでもおいしくいただけますし、
ごはんにかけてお醤油を入れてもおいしくいただけます。

風邪の子供はお風呂に入れるべき?

私達親世代は、子供の頃風邪をひいて熱がでるとお風呂には入らないほうがいいと言われましたよね。
お風呂に入る変わりにタオルで体を拭いてもらって、なんだか王様になったような気分になれた事を覚えています。
しかし、最近では熱があっても子供の状態によっては入浴をしても良いとされているようです。
熱がでたら、解熱の為にも汗をかかなければいけません。
汗をかいたままの体はべとべとで気持ち悪いだけではなく不潔でもあります。
熱が38℃以下で食欲と元気がある場合は入浴して、体をきれいにしてあげても大丈夫です。
ただし、37~38度くらいのぬるめのお風呂かシャワーにし脱衣所や浴室もあらかじめ温めておき、
子供の体が冷えないようにしましょう。

まとめ

小さい子供の熱は初めての育児のママにとってわからない事ばかりで、
あたふたしてしまう事も多いでしょう。
あまり心配しすぎて、ママ自身が気疲れしてしまっては子供も心配になってしまいます。
本当に心配だったらとりあえず病院という手もあります。
大変だけど、幸せもいっぱいある育児を楽しんでいきましょうね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です