風邪で辛い頭痛の対処は薬を使って、吐き気には注意!

572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s 病気

突然起こる頭痛の原因は風邪なのか、ほかの要因なのかわからない時がありますよね。
放っておくと、辛くて眠れなかったり吐き気を催したり不安になってしまいます。薬を飲みたいけど、原因がわからなくてどんなものを変えばいいのか悩んでしまったりしませんか?
今回はそんなあなたの為に、風邪でつらい頭痛の対処法と薬の選び方、吐き気についてご紹介します。

スポンサードリンク
 

風邪で辛い頭痛を対処する方法

風邪による頭痛の原因は自律神経のバランスの崩れや、発熱による原因があります。
熱がある場合の頭痛は、風邪が原因と考えていでしょう。

冷やす

風邪による頭痛の場合、血管の拡張が原因で頭痛になります。
そのため、拡張している血管を冷やしてあげる事で痛みが和らぎます。
アイスノンや氷嚢をあてて、痛みのある部分のみを冷やしましょう。
ラベンダーやローズマリーのアロマオイルを水に入れ、そこにタオルを浸し冷タオルを作り冷やすことも効果的です。

寝る

痛くて寝れない!と思うかもしれませんが、睡眠は万病に効くといわれるほど効果があります。
風邪が原因の頭痛の場合、免疫力を上げたり、血管や神経を修復する睡眠をとることで治癒する事も多いのです。

風邪による頭痛の時に選びたい薬

風邪が原因の頭痛の特徴として、ズキズキと頭が痛くなる事があげられます。
脈を打つ世にズキズキと頭痛がする場合は風邪の可能性が高い為、ロキソニンやバファリンが効果的です。
ただし、薬を服用する場合は頭痛薬の他に風邪薬などの併用は避けましょう。
どうしても解熱剤を飲みたいなどがあれば、ドラックストアに薬剤師さんに聞くか、お医者さんに診てもらいましょう。誤って、組み合わせの悪い薬を飲んでしまうと思わぬ副作用により胃や肝臓などといった他の部分へ悪影響を及ぼす可能性もあります。

スポンサードリンク

また、薬だけではなく食べ物でも頭痛を和らげる効果のある物を接種するといいでしょう。
ほうれん草やジャガイモ、根菜類、オレンジ、梨、りんご、スイカ、サーモン、ナッツ類などが良いとされています。

本当に風邪が原因?頭痛と吐き気には気をつけて!

頭痛と吐き気が同時に来た場合、そこい熱や鼻水、下痢などが伴えば風邪である可能性が高く、通常3日~4日ほどで頭痛と風邪は治癒するでしょう。
ですが、4日たっても5日たってもなかなか治らなかったり、悪化したりするなら他の病気を疑わなければいけません。
例えば、食欲不振や胃の不快感、立ちくらみなどがある場合は低血圧を疑いましょう。女性ではよくある症状と軽く思われがちですが、立ち上がった瞬間倒れてしまったり打ちどころや倒れた場所が駅のホームだったりすると命に係わるようなとても危険な症状です。
なかなか寝れなかったり、胃痛がある場合はストレスの可能性があります。一時的な軽いストレスであれば、人間には多少は必要とされていますが頭痛や吐き気を伴うようなストレスはかなり心に負担がかかっています。うつ病や自殺願望につながる恐れがあります。

まとめ

頭痛による原因は様々。風邪であれば、しっかり体を休め、適切な薬や免疫を付ける食べ物を食べて乗り切りましょう!もしも原因が風邪ではなかった場合毎日の生活を見直し、もし自分ひとりで改善が難しいのであればお医者さんに見てもらいましょう。自分の体はあなたが守らなければいけません!ご自愛してくださいね。

スポンサードリンク