ひとりのクリスマスケーキは予約していつどんな種類を食べる?

img_9961

もうすぐ待ちに待ったクリスマスがやって来ます♪クリスマスといえば、イルミネーション?プレゼント?いえいえ、クリスマスケーキです。最近は様々な種類の様々な大きさのクリスマスケーキが販売されており、一人でも楽しめるクリスマスケーキがたくさんあります☆仲間と楽しく食べるクリスマスケーキもいいですが、今年は1年間頑張った自分の為特別なクリスマスケーキを用意してみませんか?

スポンサードリンク
 

クリスマスケーキは予約が必要?

クリスマスケーキといえば、日ごろはなかなか手が出せないホールケーキを買うのが一般的です。
年に一度頑張った自分に、この日だけはダイエットをお休みして心行くまで甘くておいしいケーキを楽しむ1日。
そんな風にクリスマスケーキを楽しみにしている人は日本中にたくさんいます。
多くの人がこのクリスマスめがけてホールケーキを買いに来る物ですから、町のケーキ屋さんでは予約をしないと買えない可能性があります。
ですが、多くの町のケーキ屋さんでは23日、24日なら予約なしでもほぼほぼ帰るでしょう。
テレビや雑誌などで取り扱われるような有名人気店であれば、1か月前でも予約でいっぱいなんてこともありますから早めに確認する事をお勧めします。
コンビニでは予約制の場合が多く、見た目も立派で人こだわりあるクリスマスケーキを食べたいのであれば予約しておくほうが無難です。

クリスマスケーキはいつ食べるのが正解?

クリスマス当日といえば25日ですが、お店にケーキを予約する際などに「24日にしますか?25日にしますか?」と聞かれることが良くあります。
では、どちらの日に食べるのが正解なのでしょうか?
一般家庭では、24日にクリスマスパーティーをして夕食の最後にクリスマスケーキを食べ25日の朝にサンタさんからのプレゼントをもらいます。
実際に、クリスマスの本場の海外でも24日の夜にクリスマスケーキを食べます。
なぜなら、クリスマスは24日の夜から25日にかけての事を言うからです。クリスマスとは本来キリストの誕生を祝う事を指しますから、24日の夜から25日にかけてというのも納得できますね。
というわけで、クリスマスケーキを食べるのは24日が正解という事になりましたが実は25日に買うとちょっとお得なんです。
一般的にクリスマスケーキを食べるのは24日とお話しました。
という事は、多くの家庭では23日か24日にクリスマスケーキを購入する方が多いという事です。
予約制でないケーキ屋さんではこの2日間の為にたくさんのケーキを焼きます。そして余ってしまったケーキは売り切る為に25日に値引きして販売するのです。
25日でも夜にパーティーする家や団体などがいる事から、18時頃までは値下げが開始されます。
本場ではクリスマスは終わってしまっている事になりますが、日本では25日の夜でもクリスマススペシャルとしてテレビの特番などがありますから十分クリスマス気分を味わいながらクリスマスケーキをいただくことができます。

クリスマスケーキにはどんな種類があるの?

日本で定番のクリスマスケーキといえば真っ白の生クリームの上にイチゴがチョコンとのったショートケーキですが世界には様々な種類のクリスマスケーキがあります。
今年はどんなクリスマスケーキを食べますか?

イギリスのクリスマスプディング


生のパン粉や小麦粉、バター、卵、砂糖、ドライフルーツやスパイスとラム酒等を混ぜて、オーブンで焼いたケーキ。
味はとっても濃厚でしっとりの大人のクリスマスケーキです。

フランスのブッシュ・ド・ノエル

ルコントの2016年クリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル ショコラ」です。クラシカルで可愛らしい繊細なデコレーションにも注目しましょうね。パリの高級ホテル「ジョルジュ・サンク」のパティシエであったパトリス・ルコント氏はホテルオークラのシェフパティシエとして招かれて来日。1968年に自身のお店を東京にオープンしました。現在は広尾に本店があります。 創業当時、日本では珍しかった「ブッシュ・ド・ノエル」をいち早く紹介したルコント氏。ルコント氏のレシピを守り、チョコレートのバタークリーム、生地にはキルシュ、クレーム・ド・フランボワーズを使い、フランボワーズのジャムがアクセントに。素敵な大人のためのクリスマスケーキです。●12月21日~25日まで、ルコント広尾本店、銀座店、日本橋三越店で販売  #chocolate #chocolatebar #ilovechocolate #cacao #chocolatelover #チョコレート好き #チョコレート大好き #chocolatecake #クリスマスケーキ #ブッシュドノエル #ルコント #パトリスルコント #ALecomte #広尾 #チョコレートケーキ

ayumiさん(@ayumichocolat)が投稿した写真 –


ブッシュは木、ノエルはクリスマスをフランス語で意味します。
その名の通り、ケーキを木に見立てたおとぎ話に出てきそうなとってもファンタジーな見た目のケーキ。
最近はよく日本のケーキ屋さんでも見られる、ロールケーキにチョコクリームをコーティングしたかわいいケーキです。

スポンサードリンク

ドイツのシュトーレン


菓子パンのような触感で、ドライフルーツが中にぎっしり入り外は砂糖でコーティングされたドイツらしい甘ーいクリスマスケーキです。
本場のドイツでは、このケーキを12月に入ってから少しずつ切り分けながらクリスマスが来るのを待ちます。
そのため日持ちもよく、クリスマスに食べきれなかった分は後日に食べられるので一人身にとってはとっても嬉しいケーキです。
パン屋さんなどで購入できます。

イタリアのパネットーネ


イタリア語で大きなパンという意味を持つクリスマスケーキです。
ドライフルーツやチョコチップの入った菓子パンのようなケーキです。

オーストリアのクグロフ


クグロフ型と言われる、斜めにくねった形の型に流し込んで作られます。
ゼリーのような形をした、アーモンドとサクランボのお酒を入れたケーキです。

アイスケーキ

27歳になられた方を祝う。 #アイスケーキ #てんとう虫

Sho Itoさん(@itosho525)が投稿した写真 –


日本のショートケーキの次に人気なのがアイスケーキ。
最近では多くのアイス屋さんで様々なキャラクターとコラボしたかわいいアイスケーキがクリスマスに販売されています。
こちらはアイスなので、冷凍庫に入れておけばある程度の日持ちもしますし寒い日に暖かい部屋でアイスを食べるってなんだか幸せですよね。

まとめ

いかがでしたか?クリスマスケーキは予約したほうが無難ですが、23日、24日であれば町のケーキ屋さんで調達できそうですね。ですが、年に1度の特別な日なので、有名なケーキ屋さんで予約をするのもいいですし、世界のクリスマスを堪能するのもよいですね。特別な日に特別なケーキを食べて、特別な自分に日々のご褒美を上げましょうね♪一人でクリスマスを過ごす場合はこちらの記事《クリスマスの一人での過ごし方で知りたい外食や楽しみ方をご紹介!》もおすすめですよ♡良いクリスマスを☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です