消費期限と賞味期限の定義は?賞味期限が過ぎたものはいつまで食べられる?

92418

筆者は調味料など良く使うものを安い時にまとめ買いするのですが、つい期限を過ぎてしまうことがあります。期限表示には「消費期限」と「賞味期限」がありますが、正確な定義が気になったので、今回まとめていこうと思います!
また賞味期限が過ぎたものはいつまで食べられるのかも合わせて調べてみました

スポンサードリンク
  

消費期限と賞味期限の定義は?

【消費期限】
定められている方法で保存した場合に、品質が急速に劣化する食品(おおむね5日以内)に、衛生上の危害が生じる恐れのない期間を年月日で表示するもの。

【賞味期限】
定められている方法で保存した場合に、品質の劣化が比較的緩やかな商品に、品質の保持が十分に可能な期間を年月日で表示するもの。ただし、3か月以上品質保持が可能な商品は年月表示でも構わない。

スポンサードリンク

消費期限は、期限を過ぎたら食べない方がよい期限であり、対象の食品はお弁当・サンドイッチ・生麺など。賞味期限は、おいしく食べることができる期限なので、期限を過ぎたからといってすぐに食べられないというわけではありません。対象の食品はスナック菓子・カップ麺・缶詰などです。
ちなみに、どちらも未開封の際の期限が表示されているので、開封後は期限に関わらずなるべく早めに食べた方が良いです。

賞味期限が過ぎたものはいつまで食べられる?

賞味期限はあらかじめゆとりをもって設定されている場合がほとんどで、商品によって違いはありますが、だいたい『表示期限の1.1~1.5倍』までは食べても問題ないとされています。
しかし賞味期限は多少過ぎても食べることは出来ますが、食べる前には見た目やにおいをきちんと確認し、異変を感じた際は食べないようにすると良いでしょう。

さいごに

筆者は賞味期限でも期限を過ぎたものは気になって捨ててしまうことが多かったですが、これからは商品の状態をしっかりと見極めて、無駄を減らしていけるようにしたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です